確定拠出年金について

確定拠出年金(DC)とは

「Defined Contribution Plan」略して「DC」と呼びます。 ご自身で老後の資金を運用する私的年金のひとつです。
「日本版401K」や「DC」と呼ばれたりします。

制度自体は以前からあったものですが、2016年5月に確定拠出年金法が改正されました。
今回の法改正の背景には、自助努力による老後資産準備の重要性が高まってきている事があげられます。
国は公的年金だけでは、十分な老後生活が送れないので「自分で準備して欲しい」というメッセージを投げかけているのです。

老後の資金運用として日本で行っている制度は大きく3つの種類があります
shitekinenkin
(1)の公的年金は、皆さんおなじみの「国民年金」「厚生年金」です
(2)は退職金制度や確定給付企業年金
(3)は国民年金基金や個人年金保険、預貯金など

確定拠出年金(DC)は上記の(2)(3)に該当します
後述する2種類の確定拠出年金のうち企業型は(2)・個人型は(3)になります。

確定拠出年金(DC)には「企業型確定拠出年金」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の2タイプあります

dc_hikaku

「企業型確定拠出年金」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」は加入資格や加入条件、それぞれメリットがあります。

企業型と個人型(iDeCo)の説明はそれぞれ別ページにて解説いたします。

「企業型確定拠出年金」はこちら

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」はこちら