助成金一覧

新規人材採用時に活用できる助成金

① 試用雇用報奨金

最長3か月間の「トライアル雇用」を実施した事業主に月額4万円×3ヶ月(未経験者)

② 特定求職者雇用開発助成金

60歳~65歳未満の方(男性、女性)を新規雇用
★定年退職者活用(ベテランOK)(未経験者)

③ 特定求職者雇用開発助成金

シングルマザーの方を新規雇用(子供が20歳までOK)
★124万世帯(活用多い)

④ 特定求職者雇用開発助成金

シングルファーザーの方を新規雇用(子供が18歳年度末までOK)
★今年から追加

⑤ 特定求職者雇用開発助成金

障害等級1級、2級・知的障害者緒の方を新規雇用(障害者手帳所持者)

⑥ 特定求職者雇用開発助成金

うつ病(精神障害者)の方を新規雇用(診断書、医師の意見書、障害者福祉手帳)

⑦ 特定求職者雇用開発助成金

障害等級3級以下の方(障害の比較的軽い方)を新規雇用
★45歳以上は⑤の重度障害者扱い

⑧ 特定求職者雇用開発助成金

従業員が50人以上の会社で初めて障害者を雇用して法定雇用率を達成した場合

人材育成に関する助成金

キャリアアップ助成金

人材育成

有期契約労働者等に対して職業訓練を行った場合
★6ヶ月(425時間以上)

ジョブカードで教育訓練制度・職業能力評価制度

制度導入助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

実施助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

ジョブカードでキャリア・コンサルティング

制度導入助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

実施助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

技能検定の合格報奨金の創設

制度導入助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

実施助成金

対象者は非正規労働者、正社員労働者等OK

キャリアアップ助成金

正社員等転換

有期契約労働者(パート、アルバイト、契約社員等)を正社員に転換
(社保加入必須)

⑪ キャリアアップ助成金

所定労働時間延長

所定労働時間が1週間25時間未満の有期契約労働者等→所定労働時間週30時間以上に延長(社保加入)

⑫ キャリアアップ助成金

健康管理コース

有期契約労働者等(健康診断の義務のないもの)に健康診断を実施。または法定以上の制度導入及び費用負担。予防接種等

その他の助成金

⑬ 中小企業両立支援助成金

育休復帰支援プランコース

育休復帰支援プランを策定及び導入。
対象労働者が育休取得及び復帰した場合

⑭ 受動喫煙防止対策助成金

原則全業種適応

喫煙室の設置にかかる経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの経費が対象
※リース不可

⑮ 高年齢者雇用安定補助金

定年制度変更

1年以上雇用されている60歳以上(雇用保険加入)が1人以上いる場合に定年廃止、65歳以上の定年引上げ等

⑯ 雇用促進税制

公的節税制度

従業員が1人増加すると40万円の税額控除ができる。※雇用保険に加入する人数でカウントする。

<厚生労働省 雇用関係の助成金ページ>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/