個人型確定拠出年金(iDeCo)について

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

老後の資金運用として日本で行っている制度のうち、個人型確定拠出年金(iDeCo)は(3)私的年金に該当します。
shitekinenkin

一般的に私的年金というと、ご自身で準備する資金です。

日本国内で主な私的年金制度
・国民年金基金
・保険会社の個人年金保険
・預貯金
・NISA(ニーサ)

などがあり、個人型確定拠出年金(iDeCo)もその中のひとつにあたります。
特に企業年金や退職金制度がない「自営業者」や「小規模企業」に対し、個人型確定拠出年金(iDeCo)はとても魅力的な制度です。iDeCo(イデコ)という名前は、厚生労働省が愛称としてつけた名前です。

現役世代の国民全員が加入できる!!個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入対象者は次のとおりです
①自営業ーフリーランス
②会社員
③公務員
④主婦(夫)

加入条件
・20歳~60歳未満
・公的年金に上乗せする年金の為、国民年金保険料を納めていること

2017年1月から、これまで加入ができなかった「公務員」「主婦(夫)」も加入することができるようになりました。
実質、現役世代の国民全員が、企業型と合わせて「確定拠出年金制度」に加入できるということになります。

最大の魅力!個人型確定拠出年金(iDeCo)の税制面でのメリット

メリット1:掛金の全額が所得控除となる

どういうことかというと、現金でタンス貯金をした場合との比較を下の図を例に解説します。
*図中の数字はあくまでわかりやすく解説するための概算値です。

 
●所得300万円の人が毎月2万を貯金する場合の比較
shotokukoujyo
所得によって、納付する額が変わる税金は「所得税」と「住民税」
*ここではそれぞれ税率を10%とする
確定拠出年金(iDeCo)の為に毎月積み立てる掛金は「所得控除」になるため、
上の図のように、その年の所得税と翌年の住民税が軽減されます。

メリット2:運用益が非課税である

unyoueki
投資やFXなどの投資は、運用益が課税対象ですし、NISAは非課税ですが、期間が5年と決まっています。
それに比べ個人型確定拠出年金(iDeCo)はすべての期間の運用益が非課税です。

ちなみに運用益が課税されるか非課税かで、複利効果に差が出てきます。

メリット3:受け取り時の税制優遇が大きい

受け取り方は次のABCの3タイプ。一時金で受け取るか、年金として受け取るのか選べます。
いずれも、条件を満たせば 受け取り時も税金を0にできます。

A 運用した確定拠出年金を一時金として受け取る

ichiji_sanshutsu
例えば、月2万円を25年間積み立てた場合積み立てた元本は600万円です。仮に100万円運用で増えたとしましょう。
これに対し退職所得控除額は (40万×20年)+(70×5年)=1,150万円。
700万円ー 1,150万円 となり、課税所得ゼロ円となります。
税金を引かれることなく、700万円全額を受け取ることができます。
重要なのは、「退職所得控除額」は加入期間(掛金拠出期間)によって大きく異なるということです。 *下記の表を参照
taishokushotokukoujyo

B  運用した確定拠出年金を年金として受け取る

年金として受け取る場合は、公的年金等控除が適用されます。
nennkin

C  AとBの併用

金額と期間によって税額が変わる為、計画的に自分に合った運用をしましょう

確定拠出年金の運用金額と期間によって税額が変わるので、しっかりプランを立てなければいけません。
加入期間(掛金拠出期間)によって税制優遇の範囲が変わってくる為、長期運用したほうが有利です。
運用開始のタイミングは、できるだけ早い加入をおすすめします。

 

「企業型確定拠出年金」はこちら

「確定拠出年金について」はこちら